院長紹介

院長経歴

院長 永田 昌敬

院長 永田 昌敬(ながた まさゆき)

昭和29年
広島市生まれ
昭和56年
大阪医科大学医学部卒業
昭和57年
日生病院(大阪市西区)第一内科入局
平成3年
永田医院を開業(京町堀1 丁目)
平成13年
医療法人に改組(敬詢会理事長)
平成13年
京町堀2丁目(現在地)に移転
現在に至る

資格

院長 永田 昌敬産業医活動と花乃井中学校の校医もしております。

  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

所属学会

  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本動脈硬化学会

院長について

ドクターになられたきっかけはありますか?

院長 永田 昌敬

父が尼崎で町医者をしています。ご近所の方と麻雀をしている途中で「ちょっと往診に行ってくるわ〜」「お〜いってらっしゃい」というような感じで、地元に溶けこんで仕事をしているのを、小さなころから見て育ってきました。そんな父を見ながら幼少期を過ごしましたので、かなり早い段階から医者という仕事に憧れていましたね。

小学校の卒業文集にも「必ず医者になる!」と書きました。ちなみに父は、85 歳を過ぎた今もなお現役で、尼崎にて診療をしていますので、すごく刺激になります


開業前はどちらにお勤めだったのですか?

4歳のころ髄膜炎を患い、日生病院(大阪市西区)に運び込まれた経験があるんです。そのときの主治医の先生に大変お世話になり、ドクターになったら絶対に挨拶に行こうと考えていました。

そして、国家試験合格後すぐにご挨拶に伺いました。その先生は当時、日生病院の副院長をされており、新しく移転されたばかりの病院を案内していただきました。

その時紹介していただいた各科の先生方もすばらしい方ばかりで、この病院で学びたいと思い、研修医として採用していただきました。

以後、開業まで9 年間ずっと日生病院にお世話になりました。

京町堀で開業されたのは、なぜ?

医院外観

日生病院でずっと診療をしていたので、私が担当させていただいた患者様もほとんど西区の方々ばかりでした。

そこで、「やはり開業するなら大きな病院から近いほうが色々と連携がとりやすいし、既存の患者様も通いやすい」と考えておりました。

そんな時、京町堀でテナント物件が出たんです。京町堀は、落ち着いた雰囲気で気に入っていましたので、すぐ決めました(開業当初は京町堀1 丁目)。

そして開業10 年目に、京町堀2 丁目に移転し、現在に至っています。


休日は何をして過ごされていますか?

休日は好きなPOPS・JAZZをよく聞いています。息抜きにピアノとギターを弾きますね。あと、メタボ対策として(笑)毎朝6時ごろから靭公園内を30分くらいウォーキングしています。見かけたらぜひお声をかけてください。

日頃から靭公園は「NY のセントラルパークの大阪版」だと感じ、とても気に入っています。

これからの目標は何ですか?

私は、地域に密着した診療、患者さんの立場にたった診療をしたいという目標のために開業を決意したようなものですので・・・訪問診療や、自分の納得する診療が行える現在の環境にすごく満足しています。

これからも、近所の方の健康管理・維持、特に団塊世代や老人の方が元気・健やかに過ごせるようなお手伝いをさせていただければ、と思っています。

ページのトップへ

Copyright © NAGATA All Rights Reserved.